本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のインドネシアの中のジョグジャカルタの都市情報

ジョグジャカルタへ行ってみよう!

独自の文化を持つジャワの古都

ジョグジャカルタはインドネシアの古都として独自の文化をもつインドネシアを代表する観光地。クラトンと呼ばれる王宮には今もスルタンが住んでいますが、観光地として見学でき、中部ジャワ州ではボロブドゥールやプランバナン寺院群などの世界遺産を見ることができます。
現在ではほとんどがイスラム教徒だが、バリ島で生き続けているヒンドゥー文化の始まりの地でもあります。街を歩いてみると、古都らしい情景を感じ取ることができ、伝統芸能などジャワ古来の芸能を体験することができます。またそれぞれの地区によっても雰囲気が異なる豊かな街です。


【中心地】
中心地はジャラン・マリオボロといい、ホテルやレストラン、観光案内所、デパートなどが道路に沿って延々と続く活気ある通りです。
日中には観光客相手に様々な品物を並べて商売をし、夜になれば屋台がズラリと並び、ジョグジャカルタ最大の見どころと言えるでしょう。

【ソスロウィジャヤン地区】
ジャラン・マリオボロから北西に行った場所にあり、ホテル街となっています。中級ホテルから激安のロスメン、旅行会社などがたくさんあり、またジャワ島各地からの列車が発着するトゥグ駅もここにあります。

【プラウィロタマン地区】
ジャランマリオボロから南下した場所にあり、王宮などの様々な観光地がこの場所にある。そこからさらに南下した場所に別のホテル街があるが、ソスロウィジャヤン地区に比べると落ち着いた雰囲気に感じます。

【郊外】
・ボロブドウール遺跡
ジャワ島の世界文化遺産となっているボロブドゥール遺跡は、ジョグジャカルタからバスで約1時間半の場所に位置します。ボロブドゥールは高度な芸術文化の象徴と言われ、世界最大最古の仏教遺跡。仏教の宇宙観を立体マンダラで見事に表現してあり、世界を探しても他には見れない大建造物です。回廊にあるレリーフを時計回りに順に見てみると、ブッダの生誕からその教えを学ぶことができ、回廊にある階段を全て登りきった後に見る最上階からの景色は絶景です。

・プランバナン遺跡
こちらもボロブドゥール遺跡同様、世界遺産に指定されており、ジョグジャカルタからバスで約45分の場所に位置する巨大な寺院群です。見どころは中心部にあるロロ・ジョングラン寺院。850年から900年もの長い歳月をかけて造られ、王家の祖先の霊をまつる霊廟だそうです。ロロ・ジョングラン寺院の中心にあり主堂のシヴァ神殿は、最も見どころが多く、高さ47mもあり、形は聖なる山を模して造られた見た目も素晴らしいです。

気候

1年の各月を通じて平均気温が27℃前後となっています。涼しい7-8月がベストシーズンでしょう。

雨季

10-3月が他の月よりも雨量が多いです。

乾季

4-9月。涼しく旅に最適でしょう。

移動手段

主にタクシー、トランスジョグジャ、バスコタ、ベチャと4種類の乗り物があります。それぞれをうまく使うことでより充実した旅になることでしょう。トランスジョグジャとは長距離移動の市バスのことで、本数は少なく、途中の乗降もできないですが、長距離の移動では快適に移動できるので便利です。バスコタはミニバスのこと。値段もお手ごろで利用者も多いが、グループのスリが多いので乗る際は要注意です。ベチャは自転車タクシー。ホテルの周りの観光地などを周る際疲れた時に便利です。乗る際は値段交渉が必要となり、1-2キロの移動でRp.5000-8000くらいで、時間制で利用するときは1時間Rp.15000が相場です。

主な観光地 市内

クラトン(王宮)
タマン・サリ
ガスン市場
ブリンハルジョ市場
ソノブドヨ博物館
アファンディー美術館
など

郊外

ジャカルタ
バンドゥン
チルボン
ソロ
ディエン高原
など

遊び

ショッピングや観光はもちろん、ワヤン・クリッやラーマヤナ舞踊などの伝統芸能を体験すこともでき、アクティビティー豊富となっています。マリオボロ通りを歩くながら、食事や買い物を楽しむのもおススメです。

ショッピング

ショッピングモールやお土産やが多数あります。ジョグジャカルタはバティックの名産地で、バティック工房に行けばありとあらゆるバティックが置いてあるのでおススメです。

このページの上部へ