本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のマレーシアの中のマラッカの都市情報

マラッカへ行ってみよう!

ザビエルも滞在した歴史を感じるマレーシア最古の都

city_mkz_church.jpgマラッカは歴史を伝える要塞や教会、街並みと散策をするには奥深い街です。かつて海のシルクロードを支えた古都マラッカは、ヨーロッパの影響を色濃く残す歴史都市でもあり、15世紀に興ったマレー王国の首都として栄え、東西貿易の拠点となりました。マラッカ海峡に臨むマラッカの地理的な優位性と富を求めて、ポルトガル、オランダ、英国など当時の列強が次々とそれぞれの文化を持ち込み、それらが混ざり合ったため、マラッカには重層的な歴史遺産が残り、世界のどこにもみられないエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。特にこの地から日本へ布教の旅に出た宣教師・ザビエル像が立つセントポール寺院を中心とする歴史地区は世界遺産エリアにも登録され、はっきりとした歴史の重みを感じることができます。

city_mkz_market.jpg隣接するジョンカーストリートのある街は京都の町屋のような狭い間口に奥が深く、天井の高い家々が建ち並び、所々に改装した東洋の骨董品や陶磁器を扱う骨董屋や、アロマキャンドルやアジアン雑貨を扱うショップ、パブやレストランも増えており、街歩きには格好のエリアです。その他、マラッカ名物ババニョニャ料理や人力三輪車トライショー乗車など、ここならではの体験もでき、シンガポールやクアラルンプールからの日帰り観光スポットとして人気があります。マレーシアの中でも一味違う雰囲気を味わえます。        

気候

高温多湿の熱帯雨林気候、度年間を通じて、日中の気温が27~32度、湿度は70~85%と、雨期と乾期があるものの、1年中夏の気候が続きます。

雨季

11月から2月頃までが雨季にあたります。雨はスコールが多く一日中降ることは少ないです。

乾季

3月から7月頃は気温が上昇する乾季にあたります。

移動手段

・タクシー
基本的にはメーター制です。流しのタクシーは手を挙げれば停まってくれます。中にはメーターを使わずに走るタクシーもあるため、行き先を告げ、メーターを使ってくれるか、いくらで行ってくれるか確認が必要な場合があります。

主な観光地 市内

スタダイス
ムラカキリスト教会
セントポール教会
サンチャゴ砦
マラッカスルタンパレス
独立宣言記念館
海の博物館
ババニョニャヘリテージ
青雲亭(チェンフンテン寺院)
カンポンクリンモスク
マラッカ川の遊覧船
ジョンカーストリート

郊外

ポルトガル村
ムラカ動物園
オランアスリ博物館
ブキッチナ
タンピン駅

遊び

世界遺産エリアの歴史的、宗教的建物の訪問など街歩き
トライショー(人力自転車)乗車体験

ショッピング

ジョンカーストリートのショップでアジア雑貨やナイトマーケットの露店での地元の食べ物が楽しめます。
大きなショッピングセンター・マコタパレードやメガモール、カルフールなどあり、食品や旅行用品など日常生活と変わらない買い物もできます。

このページの上部へ