本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のミャンマーの中のバガンの都市情報

バガンへ行ってみよう!

バガンは、広さ42平方km、かつてミャンマーの王都としてあった町です。カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつと称されており、世界遺産の有力候補と言われています。パガンの歴史は1044年のアノウラタ王に始まり、当時400万にも及ぶパゴダが建てられたと言われています。現在残る建物のほとんどが11世紀から13世紀に建てられたものとなっており、町並みには当時の名残が多く残っています。多くの歴史ある建物と人間が何の違和感なく調和しており、多くの観光客が訪れるこの地はミャンマー最大の見どころと言っても過言ではありません。

気候 雨季

6-10月中旬。ヤンゴンに比べ、比較的降水量は少なめです。

乾季

10月下旬-3月。旅のベストシーズンです。最低気温が約15℃になり寒くなる場合があるので、薄い上着などがあると便利です。

暑季

4月、5月。パガンはこの時期、歩くのも困難になる程暑くなります。日陰などに入り休みながら行動するよう心がけましょう。

移動手段

市外へ行く際はバスやタクシー、市内を廻る際は徒歩だと困難なので、馬車、サイカー(人力三輪車)、レンタサイクルがおススメです。

主な観光地 市内

アーナンダ寺院
シュエジゴンパヤー(仏塔)
シュエサンドーパヤー(仏塔)
ダマヤンジー寺院
タビニュー寺院
ゴードーパリィン寺院
ニューバガン
考古学博物館
など

郊外

ヤンゴン
マンダレー
タウンジー
インレー湖
ビンダヤ
バゴー
チャイティヨ・パゴダ(仏塔)
ポパ山
など

遊び

観光がメインのこの地ならではの遊びがあります。登ることができるパヤー(仏塔)もあり、登った後に見るこの地はとても素晴らしいです。他にもボートクルーズや気球に乗ったりと、この地ならではの遊びがあります。またバガンではゴルフをすることもできます。バガン遺跡の間にあるゴルフ場で一味違ったゴルフを楽しめます。

ショッピング

ヤンゴンなどよりも安く買い物をすることができるので、「お土産買うならバガンで買う」という旅行者も増えています。またミャンマーの特産品、バガンの漆細工はとても有名です。バガンの漆物の品質は一番良くて漆細工を製作している所を回って観光しながら品質の良い漆細工を適当な値段で買うことが出来ます。

このページの上部へ