本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のミャンマーの中のパゴーの都市情報

パゴーへ行ってみよう!

バゴーはモン族の都として栄えた町で、現在は人口約5万人、ヤンゴンから北東へ車で約2時間ほど行った場所に位置します。ペグーとも呼ばれ、マンダレーやバガンと並ぶミャンマーの古都としても知られています。パヤー(仏塔)などの多くの見どころがある町です。また近くの郊外にも見どころが多く、チャイティーヨパヤー(仏塔)は必見です。ヤンゴンからも近く日帰りで行くことができるので行っておきたい場所の一つです。

気候 雨季

6-10月中旬。日本の梅雨と違い一日中降っているわけではなく、強い雨の降ったりやんだりが続く日々が続きます。

乾季

10月下旬-3月。平均気温25℃とさっぱりした天気です。この時期が旅のベストシーズンと言えるでしょう。

暑季

4月、5月。連日35℃を超える天気が続くので、無理せず計画的な行動をとるようにしましょう。

移動手段

自転車を借りたり、サイカー(人力三輪車)を利用するのがお勧めです。

主な観光地 市内

シュエモォード・パヤー(仏塔)
シュエターリャウン寝仏
ミャッ・タ・リャウン寝仏
チャイプーン・パヤー(仏塔)
チャカッワイン僧院
など

郊外

チャイティーヨ
ヤンゴン
タウチャン
ピィ
ミャインヘーウォン象生態研究キャンプ
ポーチャ象キャンプ
など

遊び

主に観光を楽しむのがこの町です。町中のお店を散歩してみるのも楽しいです。またヤンゴンからも近く、郊外にも見どころが多いので、車やバスで遊びに行ったりすることもできます。

ショッピング

バゴーではチーク材を使った木彫り品が有名です。値段も安いのでバゴーに訪れた際は、町中のお店に見に行くのがお勧めです。

このページの上部へ