本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のシンガポール

シンガポール

マレー半島南端に隣接するサンスクリット語で「ライオンの町」という意味のシンガポール。
マーライオンや世界最大観覧車「シンガポール・フライヤー」などがあり、また世界初の夜間市街地に於けるF1グランプリが開催されました。
2010年にはセントーサ島にはニバーサル・スタジオや水族館を取り入れた巨大カジノリゾートがオープンしました。
また、インドネシア領ビンタン島のゲートウェイでもあります。

詳細情報

シンガポールの各情報について掲載しています。ツアー選びのご参考にお読みください。

正式国名

シンガポール共和国(The Republic of Singapore)

首都

シンガポール

面積

699平方キロメートル(琵琶湖とほぼ同じ)

位置

東南アジアのほぼ中心でマレー半島の南端に位置します。

人口

約400万人

政治体制

共和制

民族構成

中華系76%、マレー系14%、インド系8%、その他2%となります。

宗教

仏教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教などを信仰しています。

言語

マレー語、中国語、タミル語、英語

時差

日本とは-1時間。日本が午前10時の時シンガポールは午前9時です。
サマータイムは実施されていません。

通貨

シンガポール・ドル(Singapore Doller、記号:S$)
補助通貨はセント 1シンガポール・ドルト=100セント
硬貨は1、5、10、20、50セント、1シンガポール・ドルの6種類
紙幣は2、5、10、20、50、100、500、1,000、10,000の9種類

気候

1年中温かく湿度が高い。
雨は1年を通して降り、特に11-1月にかけてモンスーンシーズンとなり集中的に降る。

出入国
航空便ご利用の
際の荷物

スーツケースなど無料で預けられる荷物には重量制限があり、渡航先や座席のクラスにより異なります。
また、航空会社により個別の規定を設けている場合もあるので、事前にご確認ください。
特にゴルフバッグなど各社取り扱いが異なります。

シンガポール航空の例で、エコノミークラスの場合は20kg、ビジネスクラスの場合は30kgまでが無料で預けられます。
機内持ち込み手荷物はエコノミークラスの場合、7kg以下で以下のサイズを超えないものとなります。
トロリーバッグ - 55 x 40 x 20cm
ガーメントバッグ - 3辺の合計が115cmを超えないこと。且つ厚みが20cmを超えないこと。
ブリーフケース - 50 + 40 + 25 cm

出入国カード

入国審査の手前で備え付けられていますが、航空機内でも配られます。
入国審査で提出すると出入国カードの一部を係官より渡されますので、出国時まで保管してください。

入国審査 パスポート

30日以内の観光目的の場合、残存期間は6ヶ月以上必要

ビザ

30日以内の観光目的の場合は不要

その他
チップ

ホテルやレストランでは料金の中に10%のサービス料がふくまれているため、チップを払う必要はありません。
また空港でのチップは禁止されています。

電話

日本へかける場合は、国際電話式別番号の001、日本の国番号81と市外局番の頭の0を除いた電話番号をダイヤルしてください。
例)東京都内へかける場合 001-81-3-1234-5678

シンガポールへかける場合は、国際電話会社番号-国際電話識別番号010-シンガポールの国番号65-市外局番の頭の0を除いた電話番号をダイヤルしてください。
例)シンガポールへかける場合、xxx-010-65-1234-5678

電圧とプラグ

電圧は320V, 50Hz。
日本仕様の100ボルトのみ対応の電化製品については変圧器が必要です。
プラグは3つ穴のBFタイプが主流ですが、B3タイプもあります。

インターネット回線

中級以上のホテルですとロビーエリアなどの公共スペースと客室内でインターネット回線をおおむねご利用いただけます。
回線の種別はケーブルを使ったものと、WiFiを使ったものとなります。
ホテルによっては客室内にケーブルが備え付けられているところもあります。

このページの上部へ