本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のシンガポールの中のセントーサ島の都市情報

セントーサ島へ行ってみよう!

エンターテイメントを凝縮したリゾートアイランド

city_sentosa_skytower.jpgセントーサ島はシンガポール政府が、娯楽が少なかった国内に観光客誘致の目玉として1972年から開発に着手した人工的なリゾートアイランドです。

city_sentosa_southenmost.jpg島全体が遊びのスポットになっており、新しい施設やアトラクションが続々登場する一方、南国らしく整備された宿泊施設、白砂の美しいビーチと緑豊かなランドスケープ、大都会のシンガポールとは違ったリゾートの雰囲気を醸し出しています。

city_sentosa_uws.jpg島は、シンガポール本土からわずか800m、東西4km、南北1.5kmの島ですが、8つの有料施設とミュージカル・ファウンテンなど無料のアトラクション、3つのホテルに、シャレーのような簡易宿泊施設、ゴルフコースにサッカー場、キャンプ場、そして白砂のビーチとバラエティに富んだ島になっています。海外からの誘客を目的に整備された島ですが、最近はシンガポーリアンのためのレジャーアイランドという色彩も強くなり、ビーチやシャレー、キャンプ場などはシンガポーリアンでにぎわっています。

city_sentosa_casino.jpgまた近年「リゾート・ワールド・セントーサ」がオープン。島内北西部一帯に作られたアジア最大級総合リゾート施設で、ユニバーサルスタジオ、水族館のマリンライフパーク、海のシルクロードのミュージアム、ショッピングモールなどの新しくて楽しいアトラクションが揃っています。さらに、7つのホテルやスパ、カジノがあり、大人から子供まで楽しめるリゾートになっています。

city_sentosa_mono.jpgセントーサ島への主なアクセスはMRT(モノレール)のハーバーフロント駅横のセントーサ駅から出ているセントーサエクスプレスになります。乗車にて8分で島側のビーチステーション駅に到着します(およそ10分間隔で運行)。

気候

1年中通して日中の気温は24-32℃と日本の夏に近い気候です。室内冷房が強いところが多いので、上着も必要です。雨季と乾季があります。

雨季

10-3月。スコールが多くなるので、傘や雨具があると便利です。

乾季

4-9月。雨の少ない時期です。

移動手段

島内の移動は入島料(2sドル)を払えば無料で乗れるバスか、ビーチトラムを利用します。

主な観光地 市内

イメージオブシンガポール
マーライオン(展望台)
セントーサ・4Dマジックス
セントーサ・シネブラスト(劇場型体験シアター)
タイガースカイタワー
バタフライパーク
メガシップ・アドベンチャー・パーク
シロソ砦
ドルフィンラグーン
ソング・オブ・ザ・シー
アンダーウォーターワールド
【リゾート・ワールド・セントーサ】
ユニバーサルスタジオ
マリンライフパーク(水族館)
エクアリアス・ウォーターパーク
マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアム
フェスティブ・ウォーク
カジノ
シロソ・ビーチ&パラワン ビーチ

遊び

ユニバーサルスタジオ
各種アトラクション
ドルフィンラグーンでイルカとの触れ合い

ショッピング

リゾート・ワールド・ギフトショップ
ハーシーズ
マイケル・グレイヴス・ギャラリー

このページの上部へ