本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中の台湾の中の高雄の都市情報

高雄へ行ってみよう!

観光地やグルメも豊富な台湾第2の大都市

city_takao_忠烈祠.jpg高雄市の面積は名古屋の半分ほどの約156km²、人口約150万人を越える南部台湾最大の港湾都市です。大きな貿易港があり、コンテナ貨物取扱量は世界第3位と言われ、さらに寒流と暖流が交わる海では様々な魚介類が獲れる為、高雄ならではの海鮮料理も楽しめます。

第2次世界大戦で市街地と港湾施設を破壊されましたが、再建と復興に励み、港湾施設を拡大して今ではモダンな国際空港、市街地も道幅の広い道路と、高層ビルが林立する国際都市に変貌しました。
市の周辺には蓮池潭、澄清湖などの観光地があり、また、深夜まで賑わう"夜市"巡りの楽しみも加わって、高雄は観光都市としても人気を集めています。

高雄空港は国際空港で、成田と名古屋から直行便が就航していますが、台北から日本で言う新幹線の台湾高速鉄道に乗れば日帰り旅行も可能です。また港町というだけではなく、市内には愛河という運河が流れており、川面に映る高雄の町並みが印象的です。

高雄は主に3エリアに分けられ、観光目的が異なります。
【高雄北部・左営駅周辺】
高雄北部は台湾新幹線の終点、高鉄左営駅周辺のエリアです。ここは高雄の観光名所、左営蓮池潭があり、特に高雄のシンボルとも言える龍虎塔などあります。

【高雄南部、高雄駅周辺】
高雄南部には、高雄最大の夜市と言われる六合夜市があり、台南名物の担仔麺(台湾ラーメン)や官材板(揚げパンのシチューがけ)など食べ物中心の屋台が並びます。また MRTの紅線と橘線が交わり、ホテルやデパート、高層ビルが立ち並ぶのも南部の特徴です。

【旗津周辺】
高雄市西に、高雄港に細長く横たわる幅200m、長さ11.3kmの砂州(島)が旗津です。旗津はその昔、高雄でもっとも早くに発展した場所で、日本統治時代に至るまでずっと高雄発展の中心でした。この地には高雄で最も古い廟、旗后天后宮や高雄港を一望できる灯台、旗后燈台などの古跡が残っています。旗津は漁業が盛んで、天后宮付近と、中洲(島の中央部)一帯に海鮮レストランが並んでいます。

気候

高雄では6-8月まで最高気温32℃と最も高くなります。この暑さは、台北とさほど変わりません。帽子や日傘、汗ふきタオルが必要です。10月になっても30℃を超える日があり半袖が必要です。また夏の間は午後にスコールが降るため、日傘は晴雨兼用がおすすめです。

移動手段

高雄市の中心部はMRT(地下鉄)が開通して大変便利になりました。地下鉄が通っていない地区はバスやタクシーで移動します。

主な観光地 市内

【北部】
左営蓮池潭 (さえいれんちんたん)
澄清湖(ちょうせいこ)
【南部】
東帝士85ビル
六合夜市
愛河
【旗津】
旗后天后宮
旗后燈台

郊外

旗山
美濃
台南(たいなん)
屏東(えいとう)

ショッピング

東帝士85ビル
六合夜市
三鳳中街観光商圏(アーケード街)
新堀江

このページの上部へ