本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のタイの中のパタヤの都市情報

パタヤへ行ってみよう!

バンコクから気軽に行けるリゾート都市

031107_000.jpgパタヤは海岸線を擁する国内でも老舗リゾート地です。バンコクから車で約2時間で行ける手軽さから1960年代より欧米人のアジアにおける代表的なバカンスとして多くの観光客を迎えてきました。
ビーチを中心に綺麗に管理された街が広がっており、インターナショナル系のホテルやショッピングモール、レストランやエンターテイメントも増えたことから滞在しやすい環境が整っています。

071103_017.jpg市内周辺は寺院や水族館、庭園、またナイトスポットなどがあり、観光スポットが点在しています。またパタヤ沖にはシュノーケリングやダイビングのできるラーン島もあり、バンコクではできないマリンスポーツも存分に楽しめるのも特徴です。バンコクからは日帰り観光も出来る為、都会の滞在と合わせて日程を組むことが可能です。

030225_lan6.jpgラーン島は、パタヤ沖の海の綺麗な島で、パタヤの桟橋より約45分のところにあります。白い砂と透明度の高い海が印象的で、マリンスポーツや日光浴などが楽しめます。ビーチ沿いには食堂や売店が並び、オンザビーチで過ごす南国らしい雰囲気をより味わえます。

気候

熱帯に位置するパタヤは、最高気温が30~35℃、最低気温は24~27℃ほど。湿度は70~80℃、大きく雨季、乾季、暑季があります。

雨季

5月中旬~10月中旬。毎日降るわけではなく、夕立のようなスコールが随分な水量で短時間で降るのがほとんどです。雨の合間を狙えば街歩きなど問題はありません。

乾季

10月中旬-2月中旬。最も快適な季節。空気は乾燥して毎日さわやか晴天が続き、雨もほとんどふりません。気温も比較的低くなり日中30度ほどですが、北の方の朝夕は冷え込むこともあります。

暑季

2月中旬~5月中旬。2月頃から徐々に気温が上昇し、同時に湿度も上昇していきます。夜になっても気温は下がらず朝から猛烈な暑さが続きます。4月中旬に行われるソンクラーン(水かけ祭り)後、暑季後半となり天候が不安定になり毎日スクールが降るようになり雨季に移り変わります。

移動手段

・ソンテウ
決まったルートを走る路線を運行しています。トラックの荷台に屋根と座席を設置した小型乗り合いバスのような乗り物で、手を挙げて合図して乗車、ブザーを鳴らして下車します。
・トゥクトゥク
タクシーのように使える乗り物です。小型トラックに屋根と座席を設置したもので、料金は交渉制ですが目安となる料金があり、知っておくと便利です。

主な観光地 市内

ワット・カオ・プラ・バート(寺院)
ワット・プラ・ヤイ(寺院)
パタヤ・パーク・タワー(絶叫アトラクション)
ノン・ヌッ・トロピカル・ガーデン(庭園)
シーラチャー・タイガー・ズー(動物テーマパーク)
エレファント・ヴィレッジ
アンダーウォーター・ワールド(水族館)
サンクチュアリ・オブ・トゥルース(巨大建造物)

郊外

ラーン島
ジョムティエンビーチ(静かなビーチエリア)

遊び

パタヤ湾に面した海沿いに走るビーチロードには、ビーチならではショップやレストランが立ち並び、界隈を街歩きだけでも楽しめます。また、ビーチでの海水浴やマリンスポーツも盛んです。
その他、ナイトスポットとしてバーやニューハーフショーなどエンターテイメントも揃っています。

ショッピング

ショッピングセンター、お土産屋が建ち並びます。

このページの上部へ