本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のタイの中のホアヒンの都市情報

ホアヒンへ行ってみよう!

バンコクに程近い王室の別荘のあるリゾート

city_hua_beach2.jpgホアヒンは一年を通じて温暖な気候と、自然と澄んだ空気に囲まれた環境で、ラーマ7世の離宮が1928年に完成して以来、王室の別荘地として国内外で知られています。
このように王族の御用達リゾートとして発展したため、プーケットやパタヤビーチのような喧騒とは全く異なる、大人のリゾートとしての趣があります。
プーケット島などの賑わいはありませんが、高級リゾートもたくさんあり、バンコクに近く落ち着いてのんびりできる地として、西欧やオーストラリアなどのオセアニアからの旅行者に人気のあるリゾート地です。
現在のラーマ9世(プミポン国王)が、一年の多くをホアヒンのクライカンウォン宮殿で過ごされており、そのため治安の良さも魅力のひとつです。

ビーチには石灰岩が多く露出しており、地名の-HUA HIN-はタイ語「石の頭」という意味はここから来ています

気候

熱帯に位置し、最高気温が30~35℃、最低気温は24~27℃ほど。湿度は70~80℃、大きく雨季、乾季、暑季があります。

雨季

5月中旬~10月中旬。毎日降るわけではなく、夕立のようなスコールが随分な水量で短時間で降るのがほとんどです。雨の合間を狙えば街歩きなど問題はありません。

乾季

10月中旬-2月中旬。最も快適な季節。空気は乾燥して毎日さわやか晴天が続き、雨もほとんどふりません。気温も比較的低くなり日中30度ほどですが、朝夕は冷え込むこともあります。

暑季

2月中旬~5月中旬。2月頃から徐々に気温が上昇し、同時に湿度も上昇していきます。夜になっても気温は下がらず朝から猛烈な暑さが続きます。4月中旬に行われるソンクラーン(水かけ祭り)後、暑季後半となり天候が不安定になり毎日スクールが降るようになり雨季に移り変わります。

移動手段

・ソンテウ
ホアヒン市内では、黄緑色のソンテウがエアポート⇔ナイトマーケット、そしてナイトマーケット⇔カオタキアッブ)の間の2路線を運行しています。乗り方は、手を挙げて合図して乗車、ブザーを鳴らして下車します。、降車時に運転手に料金を支払います。
・トゥクトゥク
タクシーのように使える乗り物です。小型トラックに屋根と座席を設置したもので、料金は交渉制ですが目安となる料金があり、知っておくと便利です。

主な観光地 市内

ホアヒンビーチ
スワソンビーチ
ホアヒン鉄道駅と王室待合室
カオ・タキアップ(丘)
エレファントヴィレッジ
タイボクシング場
ナイトマーケット(ホアヒンの中心Dechanuchit通り)

郊外

カオ・サム・ロイ・ヨー国立公園
チャアム
マルカタイヤワン宮殿
プランブリ フォレストパーク
ペチャブリ宮殿
サイアム・ワイナリー

遊び

市の中心から南へ、美しい白浜のビーチが7キロにわたって広がっています。ビーチ沿いには、リゾートやブティックホテル、レストランなどが建ち並び、観光客で賑わうホアヒンのメインビーチがあります。そこで日光浴や海水浴、乗馬、マリンスポーツ(モーター無し)などが楽しめます。また、エレファントヴィレッジでは象のりでジャングルトッキングが体験できます。その他、スパも充実しており、ほとんどのリゾートはスパ・マッサージ施設があります。

ショッピング

TESCO LOTUSという大手スーパーマーケットや、ヴィラマーケットというマーケットなど日常品の買い物が出来るお店やチャッチャイ市場では生鮮食品などローカル向けのエリア、毎日開かれるナイトマーケットなどがあります。

このページの上部へ