本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のベトナムの中のハノイの都市情報

ハノイへ行ってみよう!

情緒溢れる街の風景が広がる穏やかなベトナムの首都

city_han_bachan.jpg2010年に遷都1000年を向かえたハノイは、ホーチミンが商業の中心なら、政治・文化の中心地といえます。職人たちの手仕事が生み出す品々が数多く売られている旧市街や古都にふさわしく由緒ある寺院なども多い一方、フランス統治時代に建てられた洋館や教会も多く残されています。

city_han_town.jpg並木道や公園が市内には多く、地元の人の表情もどこか穏やかな感じで、街全体に落ち着いた雰囲気が漂います。ホアンキエム湖やタイ湖などハノイは湖が多いのも特徴で、湖畔のんびりした風景など旅情を誘う雰囲気が街歩きを楽しませてくれます。

city_han_church.jpg近年では欧米諸国から旅行者が増え、至る所にホテルやツアーオフィスができ、街の活気は年々熱を帯びています。街中の建物も少しずつ改装され、人々の服装もオシャレに車やバイクも増えてきており、特に市内西側は近代的なビルやホテルが続々と建ち、ハノイの新都心となりつつあります。

city_han_halong.jpgまた、郊外の陶器村バッチャンやシルクの織物の村ヴァンフックなど伝統工芸に触れられる見所もあります。ハノイの拠点に日帰りでアクセスできるベトナムが誇る世界遺産ハロン湾では広い湾に大小の石灰岩の島が浮かび、風光明媚な光景を堪能できます。

city_han_role.jpg観光地以外に、ハノイでは海が遠い為、湖で獲れるシーフードを使った料理や、ハノイ発祥のフォーやブンといった米粉を使った麺料理、専門店がそろう春巻きなど、庶民的な料理から洗練された料理まで揃っており、ホテル以外のグルメも観光の楽しみの一つです。

アクセス
成田から直行便で約5時間半
ハノイから飛行機で2時間

気候

亜熱帯気候に属し、四季に近い気候があります。
01月~04月は日本でいう晩秋のように涼しく、朝方などは肌寒い時期です。
05月~08月は夏季で暑く雨量も多くなります。7月は特に暑くフェーン現象で40℃を超えることもあります。
09月~11月は秋季で湿度が低く、気温は24℃前後でもっとも過ごしやすいです。
12月~02月は冬季で肌寒い日が続くので寒さ対策が必要です。

移動手段

・タクシー
料金はメーター制でホテルの前や観光地で容易に拾うことができます。旅行者にとって最も利用しやすい乗り物です。料金はベトナム通貨=ドンでの支払いが原則。
・路線バス
ルートが決まっており料金も割安。バス停があり、そこで乗車と下車をします。料金は乗ってから車掌かドライバーに直接ドンを払い、チケットをもらいます。
・シクロ
自転車の前に人力車の座席をくっ付けた乗り物。ほとんどが観光客相手の乗り物になっており、長距離や本格的な移動手段としては適しません。料金は交渉になります。

主な観光地 市内

旧市街
ホアンキエム湖
ホーチミン廟
一柱寺
文廟
オペラハウス
ホアロー収容所
タンロン遺跡

郊外

ハロン湾
バッチャン村
サパ

遊び

旧市街の探索、寺院巡りやベトナム料理やカフェでの食事、世界遺産ハロン湾などの郊外観光、ショッピングやスパエステが楽しめます。

ショッピング

ブームになった雑貨、個性的なサンダルやバッグなど女性には見ているだけで飽きないお店が多くあります。
また民族衣装のアオザイはオーダーメードでき、サンダルはパーツを組み合わせて世界で一足だけのオリジナルを作ることもできます。

このページの上部へ