本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報の中のベトナムの中のニャチャンの都市情報

ニャチャンへ行ってみよう!

風光明媚な景勝地が広がるベトナム屈指のビーチリゾート

city_crx_cheir.jpgホーチミンから北へ400km。海沿いに広がる開放感のある街です。白い砂浜と椰子の木が並ぶ街道はリゾート気分にしてくれます。海は透明度が高く、海浜公園などには日光浴や海水浴をする旅行者や、釣りや涼みにくる地元の人々の憩いの場になっています。ビーチ沿いにはレストランやカフェも多く、食事をするにも便利です。
街全体が自由な気質のムードが漂い、早くから欧米人旅行者が訪れる穴場的避暑地で、最近ますます人気が出てきています。

city_crx_shop.jpgビーチ側は並行して南北に延びるチャンフー通り一帯が旅行者向けのホテルやショップが多く、外国人旅行者の姿が多いです。一方市街地ではダム市場やトンニャット通り、ファンボイチャウ通り一帯が賑わうエリアです。ショップやカフェ、レストランが建ち並び、バイクや車が行き交っています。

city_crx_cham.jpg市内には教会や寺院などがあり市内観光もできますが、郊外にも見どころがたくさんあります。北側を流れるニャチャン川を渡ったところにあるポーナガル塔といわれる古代チャンパ王国の寺院遺跡や、ニャチャン沖に点在するムン島、モッ島、タム島などシュノーケリングができるサンゴ礁の美しい島々、17世紀建造物ユィエンカイン砦、バーホー滝など滞在中に郊外観光も楽しめます。

アクセス
ホーチミンから飛行機で約1時間
ハノイから飛行機で約1時間50分
ダナンから飛行機で約1時間10分

気候

年間の平均気温は26℃程度。季節は大きく乾季と雨季に分かれています。
同じ南部のホーチミン市と乾季と雨季の時期が異なるので注意が必要です。

雨季

9月~12月ごろ。雨季は曇りがちで雨が多く、湿度も高いためかなり暑く感じます。
この時期には台風もよく訪れるので、注意が必要です。南部は雨季でも乾季でも一日中雨が降り続くという事はないので、どの時期に行っても天気で困ることは無いでしょう。

乾季

5月~8月と大きく異なります。乾季は日差しが強く暑いですが、雨が比較的少ないため、湿度はあまり高くありません。ダイビングなどマリンアクティビティをメインで観旅行するなら4月から7月がお勧め。海が澄んでいてマリンアクティビティにはベストシーズンです。

移動手段

・タクシー
料金はメーター制でホテルの前や観光地で容易に拾うことができます。旅行者にとって最も利用しやすい乗り物です。料金はベトナム通貨=ドンでの支払いが原則。
・路線バス
ルートが決まっており料金も割安。バス停があり、そこで乗車と下車をします。料金は乗ってから車掌かドライバーに直接ドンを払い、チケットをもらいます。
・シクロ
自転車の前に人力車の座席をくっ付けた乗り物。ほとんどが観光客相手の乗り物になっており、長距離や本格的な移動手段としては適しません。料金は交渉になります。

主な観光地 市内

ポーナガル塔
ニャチャン大聖堂
ダム市場
ホンチョン岬

郊外

ラオ島(モンキーアイランド)
ユィエンカイン砦
バーホー滝
妖精の泉(植物や石で自然庭園が造られている)
ムン島
モッ島
タム島
ミエウ島
エデ族の村
コーヒー農園

遊び

ビーチで海水浴や日光浴、マリンスポーツを手軽に楽しんだり、日帰りでニャチャン沖に浮かぶ島々へ渡りシュノーケリングやダイビングなどもできます。また、市内の寺院や郊外の遺跡などの観光も。

ショッピング

ビーチ沿いのプロミナードはショップが建ち並び、地元の生活市場であるダム市場では衣料や雑貨、お土産屋などが入り、街歩きが楽しめます。

このページの上部へ